AGAを発症する年齢は?30代や40代が多い?

AGAを発症する年齢は?30代や40代が多い?のサムネイル画像

AGAは生活習慣の乱れやストレスなどが原因で発症することもあります。年齢を重ねるほど社会的責任や人間関係など、様々なストレスが蓄積されていくものです。

そのため、AGAを発症する年齢は30代や40代が多いと一般的に言われていますが、AGAを発症する可能性のある具体的な割合が気になる方もいるのではないでしょうか。

そこで当記事では、AGAを発症する年齢層や注意すべき年代などを表を用いて解説していきます。遺伝の関係でAGAへ不安感を募らせている方や、薄毛が気になり始めた方はぜひ参考にしてください。

この記事のポイント

ポイント1

加齢による髪質の具合がわかる

ポイント2

AGAを発症しやすい年齢を知ることで準備ができる

ポイント3

AGAの大きな原因が理解できる

年齢を重ねるごとに髪質が変化する

髪質は加齢により変化していきます。1つの毛根から複数の髪の毛が生えてくるのが基本ですが、髪質の変化により毛根1つあたりの髪の毛の本数が減少していきます。

さらに、AGAは男性ホルモンの影響が大部分を占めています。男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、加齢と共に低下していきます。テストステロンの値が減少すると「DHT(ジヒドテストステロン)」という強力な男性ホルモンが誕生します。

このDHTがAGAの根本的な原因です。これにより生え際の後退や薄毛といったAGAに繋がっていくのです。

年齢を重ねると髪質が弱体化していくんだね!

AGAを発症する年齢の割合は?

AGAは成人男性の3人に1人が発症するという統計が出ています。中でも30代以降の発症率が高く、30代近辺の方は注意が必要です。具体的なAGAの発症割合は以下の表を参考にしてください。

年代 AGAの発症割合
10代 約11%
20代 約25%
30代 約38%
40代 約40%
50代 約50%
60代 約56%

このように若い世代の方はAGAの発症率が低いのに対し、30代から一気に発症率が高まります。

ストレスもAGAの原因に関わる

年齢を重ねるにつれAGAの発症率が上がるのは、髪質の変化もありますが、ストレスや生活習慣も大いに関係しています。

30代を超えてくると会社の立場や社会的責任が増してくるため、余計なストレスを抱えがちです。冒頭でAGAと男性ホルモンの関係性を解説しましたが、ストレスや生活習慣も同様に薄毛の可能性が上がります。

ストレスを溜めないことは難しいですが、AGAの発症率を年齢別にみると、やはりストレスは発散できるときにしておくことが大切となります。

AGAは30代から一気に発症率が高まる!ストレスを抱えないことが大切!

まとめ

  • 30代からAGAの発症率が高まる
  • AGAの主な原因は男性ホルモン
  • ストレスを溜めない生活習慣が大切

AGAを発症しやすい年齢層を解説していきました。皮膚が老化していくのと同じように髪の毛も老化していきます。加齢と共に薄毛が目立ち始めるのは仕方ありませんが、ストレスを溜めない生活を送るとAGA発祥の可能性が下がります。

ご自身がAGAなのか調べたいときは、無料カウンセリングを実施しているAGAクリニックに足を運んでください。