AGAの原因はストレス?遺伝?原因をわかりやすく解説

AGAの原因はストレス?遺伝?原因をわかりやすく解説のサムネイル画像

男性型脱毛症であるAGAは、1度発症してしまうと治療を施さない限り進行し続けていきます。AGAはストレスや遺伝が原因なのではと思われていますが、最も大きな原因となるのは「男性ホルモン」です。

先述したストレスや遺伝も結果としては男性ホルモンに直結しているため、AGAを治すためには男性ホルモンに良い影響を与えていくことが大切になります。当記事では、AGAの原因を知ると共に、どのような治療法が効果的なのかわかりやすく解説していきます。

この記事のポイント

ポイント1

AGAの原因を簡単に理解できる

ポイント2

AGAは男性ホルモンが大きく影響している

ポイント3

AGAの対策が分かる

AGAの原因は男性ホルモン(テストステロン)

男性の脱毛を促進しているのが「男性ホルモン」です。男性ホルモンは別名「テストステロン」と呼ばれており、男性らしい体形や体毛を作り出すために欠かせず、睾丸から分泌されます。

テストステロンの状態であれば問題ありませんが、体内を巡りにめぐって「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくと、超強力な「DHT」という男性ホルモンに変化します。この「DHT」が様々な物質と結びついて脱毛を促進させてしまうのです。

そのため、AGAの根本的な原因は「男性ホルモン」だと言えるのです。

以下の3つも男性ホルモンに大きな影響を与えます。AGAを治すため、AGAを進行させないためには、テストステロンがDHTに変化しないように対策を進めていくことが大切です。

  • 遺伝
  • 食習慣
  • ストレス

日常生活の全てが男性ホルモンに影響しているんだね!

DHTの生成を抑制する対策はないの?

AGAの発症を抑制するためには、根本的な原因であるDHTを生成させないことが鍵となります。では具体的にどのような対策がAGAに有効的なのでしょうか。

AGAの進行を止める治療薬の服用

AGAクリニックでは「フィナステリド」という内服薬を扱っています。この治療薬には、DHTの生成を阻害する成分が配合されているため、AGAの進行を止めることができます。ただ、同時に副作用のリスクが生じるデメリットも抱えています。

頭皮の血行を改善する外用薬

AGAの進行を止めることも大切ですが、発毛を促進することも大事です。多くのAGAクリニックでは頭皮の血行を促す「ミノキシジル」という薬を処方します。

ミノキシジルは、血管の拡張や血行促進に効果を発揮し、髪の毛へ栄養補給する力を育ててくれます。

最もAGAの原因であるDHTの生成を抑制してくれるため、AGA治療に欠かせない処方薬だと言えます。

「フィナステリド」と「ミノキシジル」を組み合わせるとDHTの生成が抑制されるんですね。

まとめ

  • 男性ホルモンがAGAに大きく影響している
  • AGAを改善するためには薬の服用が大切
  • 処方薬は副作用の危険性があるためクリニックで処方してもらうのが安心

テストステロンがDHTに変化することでAGAを発症する可能性が高まりますが、処方薬を飲み続けることでAGAの原因物質を排除することができます。薬は個人輸入もできますが、何しろ副作用が絡んでいるため、安全性の高いAGAクリニックで処方してもらうのがおすすめです。