AGAかどうかをチェック!セルフチェックの方法

AGAかどうかをチェック!セルフチェックの方法のサムネイル画像

AGAの可能性は自分で確かめることができます。
「最近髪が薄くなってきたけどAGAなのかな…」と不安になっている方。AGAクリニックのカウンセリングでAGAなのか確認することもできますが、まずはセルフチェックをしてAGAの可能性を導き出すのがおすすめです。

  • 毛髪
  • 頭皮
  • 遺伝
  • 生活習慣

以上4つからチェックできます。

遺伝的な可能性はもちろんのこと、日常生活も頭皮に大きな影響を与えるため、生活習慣をセルフチェックすることは重要です。

当記事ではAGAのセルフチェック方法をご紹介しますので、AGAの可能性があるのかぜひ確かめてください。

この記事のポイント

ポイント1

AGAのセルフチェック観点は4つ

ポイント2

遺伝的なリスクを調べたいときは検査キットを活用

ポイント3

セルフチェックはあくまで可能性であり断定ではない

AGAのセルフチェックは4つの観点から

AGAは男性型脱毛症ですので、毛髪や頭皮の状態はもちろんのこと、遺伝的リスクや生活習慣が大いに関わってきます。ここでご紹介するセルフチェックを確認し、3つ以上当てはまった方はクリニックで診てもらうことをおすすめします。

AGAのセルフチェック①毛髪編

  1. 頭頂部の薄さが気になり始めた
  2. 生え際の後退が進行している
  3. 抜け毛の多さが以前に増して増えた
  4. 抜け毛に産毛が混じっている
  5. 髪の毛にハリや元気がない
  6. 毛量が少ない(同世代と比較)

頭頂部の薄さや生え際の後退はAGAの初期症状です。生え際は鏡で確認できますが、頭頂部は自分で気づきにくいため、手で触って確認すると分かりやすいです。

抜け毛に関しては、一般成人男性の1日の抜け毛本数は約100本前後だと言われています。その中で200本前後の抜け毛が発生している場合は、AGAの可能性が高いです。短髪でも「浴室の排水溝に髪の毛が溜まりやすくなった…」ということであればAGAの可能性大です。

AGAのセルフチェック②頭皮・遺伝・生活習慣

  1. 頭皮が異常なほど硬い
  2. 枕から放たれるニオイが以前にも増してキツくなった
  3. 両親又は両親の親族が薄毛
  4. 日常生活においてストレスを抱えている
  5. 寝不足
  6. 食生活が偏っている

AGAを発症した方の頭皮は薄い傾向にあり、髪のハリに欠かせない潤いのキープが難しいことで知られています。したがって、頭皮が固く突っ張りを感じる場合は注意が必要です。

また、AGAは男性ホルモンであるテストステロンがDHTに変化をすることで発症します。遺伝によってDHTの生成遺伝子を持つ家系の場合、AGAを発症しやすい傾向にあります。

3つ以上当てはまっていたらAGAの可能性があり!そのときはクリニックで診てもらおう!

AGAの遺伝的リスクを調べたいときは検査キットがおすすめ

AGAは遺伝子の関わりも大きいため、まずは自宅で遺伝子検査を受けてみるのがおすすめです。

遺伝子検査用のキットが市販されており、採取した唾液を検査機関に郵送するのみで遺伝子を検査してくれます。AGAクリニックへ通う前に原因を探りたい方におすすめです。

遺伝子検査キットは1万円前後で市販されているよ!

まとめ

  • AGAかどうか知りたいときは、まずセルフチェックをおこなう
  • 遺伝子検査キットで薄毛の原因を調査できる
  • AGAの可能性が高い場合はAGA専門クリニックへ

AGAかどうか確認するためのセルフチェック方法を解説していきました。AGAクリニックでは無料でカウンセリングを受けることもできますので、希望の方はお近くのAGAクリニックへ足を運んでみてください。