AGA治療の効果はある?効果の出始めはどのくらい?

AGA治療の効果はある?効果の出始めはどのくらい?のサムネイル画像

AGAに悩み始めるとインターネットで調べたりしますよね。その際に数々のAGAクリニックや費用相場などが表示されたりしますが、実際にAGA治療はどれだけの効果を発揮するのか見当がつかないものです。

AGAクリニックに通ってみたものの中々効果が見られず、数年以上通い詰める羽目になってしまえば時間とお金を無駄にしてしまいます。クリニックに通う前にある程度の知識を蓄えておくためにも、AGA治療は本当に効果があるのか、もしあるのであれば効果の出始めはどの程度なのかを解説していきます。

この記事のポイント

ポイント1

AGAに効果的な治療内容が分かる

ポイント2

AGA治療で効果が出る人と出ない人の差を理解できる

ポイント3

AGA治療の効果が現れる大まかな期間が分かる

AGA治療の結果として望ましいこととは

AGA治療を受ける方の頭皮の状態は人それぞれですが、AGA治療を受けた後の最終的な結果として望ましいのは「地肌が見えなくなること」です。

これこそがAGA治療を受けて効果を示したと言える最終的な形でしょう。

対してAGA治療を受けたにも関わらず、頭皮が見えていたり薄毛が改善されていないなどのケースは効果が出ていないと言えます。

AGAを改善できない治療は避けていきたいね!

AGAの主な治療内容

AGAに効果的として最も採用されている治療法は「投薬治療」と「注入治療」です。通い始めは国内のドラッグストアでは販売されていない薬が処方されます。処方薬で改善が見られない場合に注入治療へと進みますが、通い始めから両方の治療を希望することもできます。

より短期間でAGAを改善したい方は、投薬治療・注入治療の両方を希望するのがおすすめです。

一般的なAGAクリニックの処方薬は次の3つです。

  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • デュタステリド

これら3つを併用することで抜け毛の抑制や発毛促進に繋がります。

処方薬は個人輸入できるけどドクターに処方してもらうほうが安心!

AGA治療による効果の出始めは?

AGAクリニックに通い始めて効果が出始める期間の目安は、半年~1年前後です。AGAの進行具合により個人差がありますが、早くても半年程の期間を要することは頭に入れておく必要があります。

内服薬や外用薬を使用している間は多少の効果を実感できますが、服用をやめてしまうと効果が見られなくなります。AGA治療は継続的な治療を進めていくことが最も大切です。

ネット上にAGAクリニックの評判が掲載されており、中には批判的なコメントも存在します。全てが誤りなわけではありませんが、「AGA治療を受ければすぐに薄毛を改善できる」という誤った認識を持つ方が批判的なコメントを寄せていることもあります。

「AGA治療は長期的・継続的に通院する必要がある」ということを改めて念頭に置いた上でクリニック選びをしていくのがおすすめです。

AGA治療の効果の出始めは半年~1年前後!

まとめ

  • AGAの治療内容は主に投薬治療と注入治療
  • AGA治療の効果が出始めるのは半年~1年前後
  • ネット上のネガティブな意見は真に受けない方が良い

AGA治療における効果期間の目安をご紹介していきました。投薬治療と注入治療の組み合わせは費用がかさみますが効果絶大です。ご自身の予算に応じた治療プランを選んでください。