AGAは生活習慣の改善で予防できる?

AGAは生活習慣の改善で予防できる?のサムネイル画像

将来、AGAが発症しないように、予防法を知りたい人はたくさんいるでしょう。AGAの発症には、遺伝といった先天的な要因と生活習慣などの後天的な要因が作用しあって発症すると考えられています。遺伝的要因は改善できませんが、生活習慣は改善できます。

ここでは、AGAと関係している生活習慣の改善法をご紹介いたします。これを読んでAGAの予防に役立ててください。AGAを予防し、薄毛の悩みがない豊かな人生を送れることを願っております。

この記事のポイント

ポイント1

AGAは先天的な要因と後天的な要因が作用しあって発症する

ポイント2

生活習慣の改善でAGAが予防できる

ポイント3

運動や洗髪などの意外な生活習慣がAGAと関係している

AGAは生活習慣の改善で予防できる

AGAの発症に最も関係が深いのは、遺伝による男性ホルモンの分泌とアンドロゲンレセプターの数と感受性だと考えられています。

しかし、AGAの発症にはこれらの先天的な要因だけではなく、生活習慣などの後天的な要因も関係しているといわれいます。

遺伝的にAGAになりやすい人でも必ずAGAを発症するわけではなく、後天的な要因も複合的に作用した結果、AGAが発症するのです。

そのため、生活習慣を改善することでAGAの発症を予防できると考えられています。

どのような生活習慣とAGAが関係しているのか

AGAの発症に関係している生活習慣は、食事、運動、喫煙、睡眠、シャンプーの仕方などがあります。これらを全て改善すればAGAの発症が確実に防げるわけではありませんが、予防や改善できる可能性があると考えられています。

AGA治療を専門にしているクリニックでは、投薬治療を行うと同時に生活習慣の改善指導も行い、AGAの改善に取り組んでいます。

生活習慣を改善するとAGAの予防できるんだね!

クリニックでは投薬治療と生活習慣の改善指導でAGAの治療をしているのね!

食事とAGAの関係

食事が髪の毛の成長に関係していることは多くの人がわかっていることですが、髪の毛の成長やAGAの予防にどのように影響し、どんなものを食べれば良いのかはあまり知られていません。

髪の毛の成長に必要な栄養が不足すると、髪の毛が十分に成長できず細くて弱くなってしまいます。ヘアサイクルの成長期が短くなり、抜け毛が増え薄毛になってしまうかもしれません。

ここでは、髪の毛の成長に必要な栄養とそれが含まれているおすすめの食べ物、髪の毛に良くない食べ物をご紹介いたします。

髪の毛の主成分ケラチンはアミノ酸からできている

髪の毛の主成分であるケラチンは、アミノ酸からできています。タンパク質が体内で分解されてアミノ酸として吸収されます。そのため、タンパク質が不足すると髪の毛の成長が阻害される原因となる可能性が高いです。

健康面を考えると、動物性タンパク質よりも植物性タンパク質が多く含まれている食べ物を食べることをおすすめします。
植物性タンパク質が多く含まれている食べ物は、大豆類や野菜です。納豆や豆腐、ブロッコリー、えんどう豆などをよく食べると髪の毛の成長に良いでしょう。

動物性タンパク質は肉類に多く含まれていますが、おすすめは鶏のささみやマグロの赤身、牛乳です。

髪の毛の成長に大切なビタミン群

髪の毛の成長にビタミンは大切な栄養ですが、特に大切なのがビタミンB、ビタミンC、ビタミンEです。
ビタミンBは毛母細胞を活性化させ、皮脂の分泌量を抑えてくれる作用があります。
ビタミンCはコラーゲンの生成や活性酸素を抑制してくれる抗酸化作用があります。
ビタミンEは、血管を拡張し頭皮の血行を良くしてくれます。
それぞれでおすすめの食べ物は、ビタミンBは乳製品や卵、ビタミンCは柑橘類、ビタミンEはナッツ類やホウレン草です。

ケラチンの生成を促進させるミネラル

ミネラルは髪の毛の主成分であるケラチンの生成を促進させます。ミネラルは体内で生成できないので、食事やサプリメントで補給するしかありません。ミネラルで髪の毛と特に関係が深いのが、亜鉛と鉄分です。

亜鉛は髪の毛の主成分であるケラチンの生成に、鉄分は髪の毛の成長に必要な酸素を運ぶヘモグロビンの生成に不可欠なミネラルです。ミネラルが含まれているおすすめの食べ物は、牡蠣やあさりなどの貝類と豚レバーです。

髪の毛に良くない食べ物は過剰な糖質、脂質、塩分

糖質と脂質を過剰にとると、皮脂の分泌を増加させ、細菌の繁殖や脂漏性脱毛症を発症する原因となるかもしれません。

塩分を過剰に取ると、血管を老化させ血行を悪化させます。頭皮の血行が悪化すると、毛母細胞に髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が行き届かなくなり、抜け毛が増えてしまう可能性があります。

髪に良い食べ物を食べた方が良いといっても、大量に食べてはいけません。肥満になると、血中でテストステロンと結合しているSHBGの生成が抑制されてしまいます。その結果、DHTに変換されるテストステロンが増えて、AGAが促進してしまう可能性があると考えられています。食事は、満腹まで食べずに腹八分目でやめましょう。

足りない栄養はサプリメントで補給

髪の毛の成長に良いとされる食べ物をご紹介しましたが、これを毎日意識して食事をとることは難しいでしょう。食事は人生の楽しみのひとつでもあります。こんなことばかり考えて食事をしていたら、その楽しみが失われてしまいます。

髪の毛の成長に良いとされている食べ物をとることは無理のない範囲内で行い、足りない分はサプリメントで補充した方がよいでしょう。薄毛予防サプリメントには、髪の毛に良いとされている成分が配合されているます。

ビタミンCなど水溶性の栄養分は必要以上の量を摂取しても尿と一緒に排出されてしまうので、何回かに分けて摂取した方が良いことは覚えておきましょう。

食事で薄毛を予防できるんだね!

足りない栄養分はサプリメントで補充するのが楽かも!

適度な運動は薄毛予防・改善になる

AGAの原因であるDHTは汗と一緒に排出されます。そのため、適度な有酸素運動で汗をかくことは、AGAの予防や改善につながります。

また、運動をすると血行が良くなります。血行が良くなると毛母細胞に髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が行き届きやすくなり、抜け毛が少なくなるのです。

AGAの原因のひとつに、ストレスが関係しているという報告があります。しかしこれはまだエビデンスレベルが低く、可能性があるというレベルの話です。もし、ストレスが薄毛に悪い影響を及ぼすとしたら、運動はストレス解消にはちょうどよいでしょう。AGA予防としてだけではなく、健康維持のためにも定期的に運動をする習慣を身につけることをおすすめします。

DHTは汗と一緒に排出されるんだね!

運動をして血行が良くなることもAGAの改善になるんだね!

規則正しい睡眠は薄毛予防になる

髪の毛は寝ている間に最も成長します。睡眠時には成長ホルモンが分泌されて、毛母細胞が活発に細胞分裂をし、髪の毛が成長するからです。

成長ホルモンが最も分泌されるのは就寝してから何時間後かは、ふたつの意見があります。ひとつは、22~2時までの間、もうひとつは時間ではなく就寝してから2時間後です。どちらが正しいかはわかりませんが、髪の毛の成長には十分な睡眠が必要ということは間違いありません。

睡眠時間は7~8時間とることをおすすめしますが、それほど時間がとれなくても質の高い睡眠をとれば髪の成長に悪い影響はないでしょう。

高い質の睡眠と関係しているのが肥満です。肥満は、動脈硬化が促進されて血行が悪化するため髪の成長を妨げます。さらに、肥満になると睡眠時無呼吸症候群を発症する可能性が高くなります。

肥満は上気道を狭くし、睡眠時に舌根部の沈下が重なると無呼吸状態になることがあります。睡眠時無呼吸症候群が発症すると、睡眠時にも脳と体は断続的に覚醒してしまいます。そのため、質の高い睡眠がとれなくなってしまうのです。

質の高い睡眠は髪の毛の成長に大切です。肥満の人は、食事と運動で標準体重に近づけるようにしましょう。

不十分な睡眠は髪の毛の成長に悪影響を及ぼすんだね。

肥満だと質の高い睡眠を妨げる可能性があるのね。

喫煙はAGAの原因のひとつ

タバコに多くの有害物質が含まれていることは多くの人が知っています。その有害物質は、発がん性を高めるだけでなく、AGAの発症や進行にも関係しているのです。

ニコチンとAGAの関係

タバコに含まれているニコチンが、交感神経を刺激すると末梢の血管は収縮して全身の血流が悪化してしまうのです。頭皮への血流が悪くなると、毛母細胞に髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が十分に供給されなくなり、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

栄養や酸素は生命維持に必要な部分に優先的に使われるため、生命維持に関係がない髪の毛の成長に必要な栄養は不足しやすい状態になりやすいのです。

また、交感神経優位になると、皮脂分泌量や発汗量が増加します。頭皮に皮脂や汗がついたまま放っておくと頭皮環境が悪化し、細菌の繁殖や脂漏性脱毛症を発症してしまうかもしれません。

一酸化炭素とAGAの関係

タバコに含まれている一酸化炭素は、ヘモグロビンと結びつきます。酸素はヘモグロビンと結びついて全身に運ばれているのです。ヘモグロビンと一酸化炭素が結合してしまうと、酸素はヘモグロビンと結合できなくなり、全身で酸素が不足してしまいます。髪の毛の成長に必要な酸素が供給されなくなると、髪の毛の成長を妨げヘアサイクルの成長期が短くなりAGAの進行につながってしまうかもしれません。

活性酸素とAGAの関係

喫煙で体内に有害物質が取り込まれると、それを取り除くために活性酸素が発生します。しかし、活性酸素が大量に発生すると、有害物質を取り除くだけではなく、正常な細胞を酸化してしまいます。

大量に発生した活性酸素を取り除くために、抗酸化酵素が体内で合成されますが、その主成分のひとつが髪の毛の成長に大切な亜鉛です。抗酸化酵素の合成に亜鉛が使われてしまうと、髪の毛の成長に必要な亜鉛が不足してしまう可能性があります。また、抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEも喫煙によって消費されます。

喫煙は髪の毛に悪影響を与え、薄毛を進行させる可能性があるので、禁煙は薄毛予防に有効であると考えられています。

ニコチン、一酸化炭素、活性酸素などは髪の毛に悪影響を及ぼすんだね。

だから禁煙は薄毛予防になると考えられているのね。

洗髪の仕方によって薄毛が進行する

頭皮を清潔に保つため洗髪は大切だということは誰もが知っていますが、洗髪の仕方によっては頭皮や髪にダメージを与えて、逆に薄毛が進行してしまうこともあるのです。

過剰な洗髪は、頭皮を守ってくれている皮脂まで洗い落してしまいます。洗髪は多くても1日1回にしましょう。
また、シャンプーの洗い落とし不足は、頭皮環境を悪化させて炎症を引き起こしてしまう可能性があります。

洗髪のあと、乾かさずにそのまま寝てしまったら頭皮に良くありません。ドライヤーで乾かすときは、髪にあまり近づけすぎると頭皮や髪が傷んでしまう可能性があるので、ある程度離して使うようにしましょう。また、頭皮には適度な潤いが大切です。乾かし過ぎて頭皮が乾燥しないように注意してください。

洗髪しすぎて皮脂を全部洗い落としたら頭皮に悪いんだね。

ドライヤーの使い方に気を付けないと髪の毛や頭皮にダメージをあたえてしまうのね。

まとめ

  1. 食事、運動、喫煙、睡眠、洗髪などを改善することでAGAが予防できる
  2. AGAの治療には生活習慣の改善が大切
  3. 食事だけで補えない栄養はサプリメントで補充すると楽

AGA予防になる生活習慣の改善法をご紹介しました。冒頭でもご紹介したように、AGAの発症には生活習慣だけではなく遺伝も関係しています。

そのため、生活習慣を改善したからといって、絶対にAGAが発症しないというわけではありません。しかし、生活習慣の改善は、AGA予防になります。あまり神経質に取り組まず、予防できたらいいな、くらいの気持ちで取り組む方がよいでしょう。薄毛に悩むことない楽しい人生を送れることを願っております。