AGA治療の方法・種類を比較してみた

AGA治療の方法・種類を比較してみたのサムネイル画像

治療と聞くと不安なイメージを抱きがちですが、AGA治療は数が限定されているため、あらかじめ治療内容を確認しておくことができます。

痛みが伴うのか、副作用はあるのか、費用はいくらなのかなど、クリニックによって異なりますが大まかな治療内容は全て同じです。

そこで当記事では、AGA治療の方法や種類を解説・比較していきます。AGA治療に不安を抱いている方や、AGAを治すことができるのか分からない方などはぜひ参考にしてください。

この記事のポイント

ポイント1

AGAの治療方法が分かる

ポイント2

AGA治療は効果があるのか理解できる

ポイント3

AGA治療の大まかな費用目安を把握できる

AGA治療の方法は3つ

AGA治療は大きく分けて次の3つに分類されています。

  1. 内服薬の服用
  2. 外用薬を頭皮へ塗布
  3. 植毛

では具体的にどのような治療法がおこなわれるのか確認していきましょう。

AGA治療の方法①内服薬の服用

AGA治療では内服薬を用いた治療法を取り入れています。多くのクリニックで「フィナステリド」「デュタステリド」を処方しており、AGAの根本的な原因である男性ホルモンに働きをかけてAGAを抑制していきます。

どちらも1日1回服用するようドクターから指示されます。服用後すぐに効果が表れることはないため、最低でも半年間は服用を続けるのが一般的です。

内服薬は副作用が生じる可能性があります。そのため、カウンセリングや血液検査などで体質を確認し、患者さんに合った薬を処方してくれます。

AGA治療の方法②外用薬の塗布

内服薬の他に、「ミノキシジル」という外用薬を頭皮に直接塗布する治療をおこないます。ミノキシジルは髪の毛に栄養が届くよう体内の血流を良くしてくれるほか、発毛効果があることで知られています。

AGA治療の方法③植毛

内服薬や外用薬でAGAの改善が見られない場合は、植毛手術をおこないます。植毛手術は6時間以内に終わるため、日帰りで手術を受けることができます。

AGA治療は3種類!AGAの進行具合や体質に合わせた治療法が選べるよ!

AGA治療の効果・費用を比較

ここまで解説してきたAGA治療を比較してみましょう。基本的には内服薬と外用薬を組み合わせることが最も効果を発揮しますが、予算面が追い付いていない場合は片方のみの治療も可能となっています。

費用目安 治療効果
内服薬 2,000円~1万5,000円 抜け毛抑制
外用薬 1,000円~1万円 発毛促進
植毛 20万円~ 効果絶大

費用がかかる治療は、その分効果抜群!低予算で薬の塗布や服用から始めるのがおすすめ!

まとめ

  • AGA治療は大きく分けて3つ
  • 内服薬と外用薬を組み合わせるのが効果的
  • お金に余裕のある方は植毛がおすすめ

AGAは治療内容によって費用が異なりますが、やはり短期間で最も効果を発揮するのは植毛手術です。その分費用がかさむため、「AGA治療にそこまでお金をかけられないよ…」という方は、内服薬と外用薬を組み合わせた治療法がおすすめです。

AGA専門クリニックでは、患者さんの体質やAGAの進行具合に合わせた最適な治療プランを提案します。AGAにお悩みの方はぜひ足を運んでみてください。