AGA治療は副作用がある?ない?安全性について解説

AGA治療は副作用がある?ない?安全性について解説のサムネイル画像

AGAに関することを調べている際に、「副作用」というワードを見つけたことがある方もいるのではないでしょうか。AGA治療は様々な治療薬を使用するため、副作用の可能性が0とは言い切れません。

AGA治療に関して知識を得ていないと「AGAの治療をするのに副作用があっても大丈夫なの?」と不安な気持ちを抱くことでしょう。AGAクリニックに通う際は、処方薬の安全性をしっかりと説明してくれるクリニック選びをしていくのがおすすめです。

この記事のポイント

ポイント1

AGA治療に関する副作用について理解できる

ポイント2

副作用が起きた場合の対処法が分かる

ポイント3

AGA治療を安心して受けられる方法も

AGA治療で副作用が起こることはあるの?

AGA治療では注入治療だけでなく投薬治療も行います。抜け毛を抑制する「フィナステリド」と発毛を促進する「ミノキシジル」を主に処方しており、これらの薬には副作用が生じる可能性があります。

ミノキシジルの副作用

まずミノキシジルの副作用ですが、1%未満の確率で以下の副作用が起こる可能性があります。

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 肝機能障害

副作用が起こる可能性は限りなく0に近い数字ではありますが、実際に起きた副作用の例としてはかなり重度なものだと言えます。

フィナステリドの副作用

対してフィナステリドの副作用は次の通り比較的軽いことで知られています。

  • かゆみ
  • 頭痛
  • めまい

ミノキシジルの副作用より軽度ではあるものの、副作用が起きると日常生活に支障をきたす可能性もあります。

AGA治療は副作用の可能性があるからクリニックの選び方が大切!

副作用が起きたときの対処法はある?

万が一AGA治療の処方薬で副作用が起きた場合は、即座に服用を止めましょう。副作用は体質が大きく関係しており、薬との相性が良くないことから症状が起きます。したがって、副作用の原因と考えられる薬の服用を止めることで症状が緩和されます。

ただ、同時に治療薬の服用を止めることにも繋がるため、このままではAGAを改善することができません。副作用が起きて薬の服用を止めたときは、すぐにクリニックへ足を運んでドクターに相談しましょう。副作用が起きにくい薬に変えてもらい、安全に治療を進めていくことが大切です。

治療薬の個人輸入は控える

AGAに効果的な治療薬は海外から輸入することができます。ただ、薬の名称が同じとはいえど、「中身が別物だった」というケースも多発しており、効果の異なる薬を服用すると本来とは別物の副作用が生じる危険性があります。

無料カウンセリングで体質を確認

多くのAGAクリニックで無料カウンセリングを実施しています。

「体質的に副作用の心配がある…」という方は、ドクターに全てを話すことで解決に向かうこともあります。例えば薬を使わない治療方法や、これ以上AGAを進行させない方法など、無料カウンセリングとはいえどドクターは親身になって対応してくれます。

副作用が起きたときはすぐに服用を止めよう!

まとめ

  • 主なAGA治療薬は2種類
  • 副作用が起きたときはすぐに服用を止めてドクターに相談する
  • 治療薬の海外輸入はせずにクリニックへ通うのが最適

”AGAを本気で治したい”のであれば、「個人輸入の方が安いから」という理由で海外に頼るのは避けましょう。AGAクリニックは患者さんに合わせた治療薬を処方するプロです。プロに任せた方が安心できますし、AGAを治すのに最も効果的。安心できるクリニックを選んでAGAを改善していきましょう。