AGAの代表的な症状と改善方法

AGAの代表的な症状と改善方法のサムネイル画像

男性ホルモンの過剰分泌により発症するAGAは、多くの男性の悩みの種となっています。これまでの国内の症例数が多いこともあり、代表的な症状が分かっています。

「AGAを治したいけど具体的に何をするのか対策が分からない…」という方は、当記事で解説していくAGAの代表的な症状と改善方法をぜひ参考にしてください。

AGAの代表的な症状は大きく分けて3つに分類されていますので、ご自身の頭皮の状態と当てはまっていた場合は対策を講じていきましょう。

この記事のポイント

ポイント1

AGAの代表的な症状を把握できる

ポイント2

自分の頭皮の状態と比較できる

ポイント3

AGAに対してどのような対策を講じていけば良いのか分かる

AGAの症状パターンは3種類

AGAの症状は頭皮の部位によって大きく3つに分類されています。部位別に具体的な症状を確認していきましょう。

前頭部が薄いM字型ハゲ

頭皮の生え際付近が薄くなるタイプはM字型ハゲと呼ばれています。

前頭部には、AGAの根本的な原因である「DHT」を生成するための「5αリダクターゼ」が非常に多いです。そのため薄毛や抜け毛の進行が早まりやすく、AGAを発症してしまうのです。

見た目的に最も目立ちやすい箇所ですので、AGAの進行が進むと他の髪でカバーしきれないこともあるため、早期発見・早期治療が大切となります。

頭頂部が薄いO字型ハゲ

O字型ハゲはいわゆる円形脱毛症に近いタイプの症状です。正面から見た限りでは気づきにくいため、自分がAGAを発症していることに気づいていないケースも多々あります。

前頭部・頭頂部の同時発症リスクを伴うU字型ハゲ

ここまで解説してきた前頭部と頭頂部の両方が同時に薄くなる症状はU字型ハゲと呼ばれています。

前頭部・頭頂部は頭皮の中でも面積率が高いため、AGAを発症すると薄毛が目立ちやすい傾向にあります。

薄毛が進行する前に改善しておきたいね!

AGAの改善方法はある?

頭頂部や前頭部といったAGAの代表的な症状は、そのまま放置していると進行速度が速まっていきます。取り返しのつかないことになる前に何らかの処置を講じておくことが大切です。

AGAクリニックで治療を受ける

短期間でAGAを改善したい方におすすめなのは、AGA専門クリニックで治療を受けることです。AGAクリニックではAGAの知識が豊富な専門ドクターがカウンセリングしてくれるため、一人一人の頭皮の状態に最適な治療プランを提案してくれます。

主なに内服薬と外用薬の併用による治療方法が多く、半年~1年以内に効果が見られるケースが多いです。

生活習慣を改める

発毛効果に期待はできませんが、生活習慣を改めることでAGAの進行を遅らせることができます。AGAの原因に男性ホルモンが関与しており、ビタミンが豊富なサプリメントの摂取や食生活の改善などを徹底することでAGAに対して良い効果をもたらします。

しっかりとAGAを治すためにはクリニックへ通うのが1番!

まとめ

  • 前頭部と頭頂部が同時に薄くなるのには注意が必要
  • AGAを改善するにはクリニックへ通うことが大切
  • AGA治療を受ける余裕がない方は生活習慣を見直す

AGAは進行性が高いため、放置しているとどんどん悪化していきます。自分の見た目で余計なストレスを抱えぬよう、クリニックへ通うなりサプリメントを摂取するなり何らかの対策を講じていきましょう。