AGAの治療費が高い!病院を途中で変えるのはアリ?

AGAの治療費が高い!病院を途中で変えるのはアリ?のサムネイル画像

AGAは自由診療という枠組みであるため、クリニックによって価格差が生じています。そのため、「AGA治療を受け始めてから安いクリニックを見つけた…」という方もいるのではないでしょうか。

そのときに悩むのが「AGA治療の途中で病院やクリニックを変える方が良いのかどうか」。そこで当記事では、AGA治療を受けている途中に受診先を変えるのが適しているのか解説していきます。

AGAの一般的な治療費を把握した上で、当記事を参考に受診先を変えるべきかどうか判断してください。

この記事のポイント

ポイント1

AGA治療を受けてから治療費の高さに気づいたという方におすすめ

ポイント2

AGAの一般的な治療費目安が分かる

ポイント3

治療途中に病院を変えるのがアリなのかが分かる

AGAの一般的な治療費はいくら?

AGAの主な治療内容は

  • 内服薬の服用
  • 外用薬の塗布
  • 注入治療

上記3つが一般的です。

中でも注入治療は特殊な機械を使って体内へ治療薬を送り込むため、費用が高騰しがちな上に、一般的な治療費目安を把握しづらい傾向にあります。

対して内服薬や外用薬は国内で市販されていないものの、海外では一般層に流通しているため、クリニックの定める料金がいかに高いのかが分かりやすいです。

薬は海外から輸入できるけど不安な点が多いから要注意!

治療費が高いと感じたら病院を変えた方が良い?

各処方薬の価格帯は薬の種類によって異なるため一概にいくらとは言えませんが、各クリニックが定める処方薬には、数百円~数千円規模の価格差が生じています。

実際にAGA治療を受け始めてからこの事実に気付く方もいるかもしれませんが、果たして治療途中でクリニックを変えるのは治療効果に影響を与えるのでしょうか。

クリニックの対応で決めることが大切

治療途中にクリニックを変えるのは、費用面よりもクリニックの対応で判断するのがおすすめです。確かにクリニックによって価格差が生じるため、「あのAGAクリニックの方が安上がりで済む…」と思うかもしれません。

ただ、現在通院しているクリニックよりも、乗り換えたクリニックの対応が悪い場合はどうでしょうか。融通が利かなかったり、サポート面が充実していなかったりすると、余計なストレスを抱えてしまいます。

せっかくAGA治療に専念しているというのに、余計なストレスを抱えることは男性ホルモンに悪影響を及ぼすため、AGAの改善が得られない場合もあります。

とはいえ、実際にクリニックに足を運んで対応を見ることでお金を払う前に雰囲気を確かめることもできます。

クリニックの変更を検討する際は無料カウンセリングがおすすめ

クリニックの対応を見るには、カウンセリングを受けるのが最適です。実際に無料カウンセリングを実施しているクリニックもあるため、「治療費が安いクリニックで治療を受けたい」という方は、ぜひ検討してみてください。

クリニックを変える際は、ドクターや受付の対応で決めることが大切!

まとめ

  • クリニックによって数百円~数千円の価格差が生じる
  • AGAクリニックを変えたいときは新たなクリニックの対応を確かめる
  • 無料カウンセリングに対応しているAGAクリニックがおすすめ

AGAクリニックは費用面も大事ですがクリニックのサポート体制や対応力も重要です。短期間でAGAが完治するよう、ストレスフリーのクリニック選びを大切にしてください。