AGA治療は保険が適用される?されない?

AGA治療は保険が適用される?されない?

年間の医療費が10万円を超える場合、一般的な治療であれば医療費控除を受けることができます。ただしAGA治療に関しては、治療費がいくらになろうと確定申告をしても医療費控除を受けることはできません。

ただ、AGAを発症したときの状況によっては医療費控除を受けることもできます。そこで当記事では、AGA治療に保険が適用されない理由を解説すると共に、AGA治療でも医療費控除が受けられるケースをご紹介していきます。

この記事のポイント

ポイント1

AGA治療に保険が適用されない理由が分かる

ポイント2

AGA治療に特例として保険が適用されるケースが分かる

ポイント3

高額な治療費を払えない時におすすめな治療法が分かる

AGA治療に保険が適用されない理由

AGA治療に数万円~数十万円かかることもありますが、保険が適用されない理由は「自由診療」に分類されているからです。

 

自由診療とは、診察を受ける側とおこなう側の間で自由に契約できる診療のことを指しています。一般的に命に関わらない診察は自由診療に分類されているケースが多く、保険が適用されないため全額自己負担になってしまいます。

したがって、一律にAGA治療の料金が定められているわけではないため、クリニックによって料金差が生じるのです。

AGAを治すのに「治療」という言葉が用いられますが、あくまで見た目を変えるためにおこなう治療であるため、保険適用外となってしまいます。

「自由診療」は保険適用外で医療費控除対象外なんだね!

AGAを発症する理由によっては保険適用になることも?

AGAは保険適用外の診療ではありますが、ケースによっては医療費控除が受けられることもあります。

それは「AGA以外の病が原因で薄毛が進行した」ケースです。遺伝や生活習慣、加齢などAGAを発症する一般的な理由の場合は保険が適用されませんが、例えば次のような疾患が原因の場合は保険が適用されることがあります。

  • 全身的な疾患により薄毛が進行した
  • 精神的な病により薄毛が進行したケース
  • 外傷的な事故により薄毛が進行した

このように何らかの事故や病気が原因による薄毛の進行は医療費控除を受けることができます。

AGAで医療費控除を受ける方法

特別な事情により医療費控除が受けられる方は、確定申告をおこなうことで控除を受けることができます。確定申告の際には、領収書・診断書・処方箋などの提出が求められることもあります。

しっかりと医療費控除を受けるためにも、AGA治療時における各書類は必ず保管しておくようにしましょう。

AGA以外の疾患が原因だと医療費控除を受けられるケースがある!医療費控除の対象になるか不安の方はクリニックに相談しよう!

まとめ

  • 一般的にAGA治療は保険対象外
  • 事故や病気が原因で薄毛になってしまった場合は医療費控除対象のケースも
  • 医療費控除を受けるためには確定申告が必要

AGA治療に保険が適用されるのか解説していきました。

特別な事情がなく保険が適用されない方は、治療費が全額自己負担になります。もし高額な治療費が払えないという方は、クリニックに相談することで分割払いに対応してくれることもあります。

投薬治療のみの場合、数千円から治療が受けられることもあるため、AGAにお悩みの方はクリニックへ足を運んでみてください。