グローバルビューティークリニック(GBC)は若ハゲをなくすためのクリニック

■若ハゲ対策に特化したAGAクリニックです

若ハゲに悩んでいる男性は非常に多いという現実があります。
AGAは生活習慣の乱れやストレス、喫煙などの危険因子が重複すると症状が進行しやすいです。
早ければ20代から薄くなり、若年層で始まった人ほど重症化する傾向があります。
グローバルビューティークリニックは若ハゲをなくすことをコンセプトにしており、AGA治療を専門に行っています。
GBCは植毛という選択肢はあくまで最後の手段と考えており、これは手遅れの状態で選択される方法だからです。
発毛治療が成功していれば植毛する必要はないでしょう。
なんらかの疾患に由来する薄毛は除いて、髪は一気に薄くなることはありません。
早期のうちに発見・治療をしていれば植毛は回避できるのです。
ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンがAGAの原因になります。
このホルモンは男性が多く有しているため、女性より圧倒的に薄毛になりやすいのです。
GBCの検査ではAGA遺伝子検査が行われており、薄毛の原因を正確に診断していきます。
ほかにも血液検査やマイクロスコープによる頭皮検査なども行います。
多角的に検査を行うことで原因を明確にし、その後の治療法を確立していくのです。
セルフケアにも一定の効果がありますが、体質や頭皮タイプに合わない方法を実施しても十分な効果は期待できません。
医療機関での発毛ならミスマッチする方法を自ら選んでしまうリスクがないのです。

■GBCの最速発毛で多角的にアプローチ

GBCのプランの中で最速といわれるのがリグロネアエクスプレスで、注入と投薬を軸にして行われています。
成長因子注入療法で毛根を活性化しつつ、オリジナル薬とサプリメントを複合したHAERUNOで治療をするのです。
薄毛を抑制しつつ発毛を促進するので、抜け毛に悩んでいる方にもおすすめです。
発毛させるためには抜け毛を正常な本数に抑えていく必要があります。
ヘアサイクルの正常化には時間がかかりますが、コツコツと治療を続ければ抜け毛減少、産毛の強化などが期待できるでしょう。
AGA治療には複数のアプローチで対処していくのがおすすめです。
1つの方法より2つの方法、さらには3つの方法を複合したほうが相乗作用を期待できます。
成長因子に作用させるのがGBC治療の特徴であり、肌細胞を元気にしながら頭皮の活性化を促進します。
ヒト由来の成長因子を使用していますので、安心して治療できるのが魅力です。
毛包と毛周期が健全になれば、正常な状態で髪が生えてくるようになります。

■治療は気長に受けることが大切

医療機関で発毛治療を受ければ数日で発毛すると考えている方がいますが、一般的に3~6ヶ月くらいかかります。
ヘアサイクルを正常にするのには時間がかかるためで、ニキビや吹き出物などの肌トラブルと比較しても治療期間は長くなるでしょう。
そこでGBCは治療を無理なく継続できるように苦痛を感じない方法を採用しました。
ノーニードル注入法はニードルを使用せずに成長因子を注入できる方法で、電磁パルスを活用しているのがポイントです。
ほかにもブロック注射をしてからニードル注入をする方法もあります。
両者を比較した場合は後者のほうが発毛効果は高くなります。
GBCではStandardコースも用意しており、高濃度発毛薬と高濃度カクテルを併用する方法です。
頭皮の内側と外側からアプローチすることで、発毛剤だけを使用した場合より強い効果を期待できます。
AGAは男性ホルモンが関与している薄毛ですから、市販のサプリや発毛剤を使用するだけでは食い止めることすらできない場合が多いです。
発毛剤を使用しているのにボリュームが減退しているなら、医療機関での発毛治療が必要な時期です。